合成されたものと天然のものがある葉酸サプリメントの選び方 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 合成されたものと天然のものがある葉酸サプリメントの選び方

合成されたものと天然のものがある葉酸サプリメントの選び方

食材から摂取する難しさ

葉酸を摂取する方法には、ほうれん草などといった食材に含まれているポリグルタミン酸型葉酸という成分と、サプリメントに配合されているモノグルタミン酸型葉酸という二つの種類が存在しています。
葉酸は日常的な食事で摂ることが可能であれば、それに越したことはないのですが食事の食材が含んでいる葉酸は、身体の中に吸収される確率が50パーセント以下であるということに加えて、水につけたり加熱したりすることによって失われてしまうことから、食材から葉酸を摂ることは困難であるとされています。
しかし、妊娠しているときに不足してしまうと、胎児に神経管が閉鎖する障害を引き起こす危険性が高まってしまいます。
このような危険性を回避するためには一日あたりおよそ400μgぐらいの量を摂る必要があります。

 

勘違いしやすい天然と合成の違い

葉酸は、身体の中に吸収されにくい食材から摂取するのではなく葉酸サプリメントからなどを利用して摂取するのが効率の良い方法として、厚生労働省やお医者さんも薦めています。
食材に含まれているポリグルタミン酸型葉酸を身体の中に吸収されやすいように変換したものが、サプリメントに配合されているモノグルタミン酸型葉酸になります。
サプリメントには、天然のものと、合成のものが存在するのですが、天然のものはポリグルタミン酸型のものが配合されているという勘違いをしている人が少なくありません。
サプリメントに配合されているのは天然のものでも、合成のものでも全部身体に吸収されやすいモノグルタミン酸型のものになります。
モノグルタミン酸型の葉酸の中でも、化学物質を合成して抽出した場合は合成とされ、食材から抽出した場合は天然とされています。

 

天然の葉酸サプリメントが安心

葉酸サプリメントは毎日摂取するものなので、食材から抽出したモノグルタミン酸型のものを選ぶ方が適切ということになります。
果物や、野菜、酵母などといった食材から抽出された葉酸を、加工することによって身体の中に吸収されやすいモノグルタミン酸型の葉酸に変換させているため、安全で、なおかつ効率的に葉酸を身体の中に取り入れることが可能になります。
食材から抽出しているということで、身体の中に吸収されにくいのではないかと勘違いをしている人も少なくありませんが、モノグルタミン酸型の葉酸に変換しているので身体の中に吸収される確率はおよそ八割以上と高くなっています。
また、化学物質から合成して抽出したものが配合されているサプリメントは、モノグルタミン酸型の葉酸が人工的な方法で合成されているため、身体の中に吸収されるときに、母親や胎児の肝臓や腎臓に負担をかけることがあります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.