効果的な摂取をするためにも知っておきたい葉酸と葉酸塩との違いについて | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 効果的な摂取をするためにも知っておきたい葉酸と葉酸塩との違いについて

効果的な摂取をするためにも知っておきたい葉酸と葉酸塩との違いについて

葉酸で知っておきたいこと

葉酸は、先天性異常を予防するために妊娠初期には是非とも気に掛けて欲しい成分の1つとして推奨されています。様々な効能や効果があることでも知られており、肺癌や直腸癌の予防や、子宮癌の発祥率の低下、貧血や動脈硬化予防にも効果があるとされています。葉酸は、新陳代謝や細胞分裂が活発な組織には必要なビタミンとして認知されており、現在、多くのサプリメントが販売されています。ここで理解しておきたいことは、日本においては葉酸のみの表記がされているものの、本来、葉酸と葉酸塩との2つがあることです。この2つは全く別物であり、分類上葉酸の場合には人工的に合成した成分のことを指します。つまり、葉酸本来の効果を持つものは葉酸塩の方であり、サプリメントの購入においては十分に確認をすることが大切になります。

 

葉酸塩について知っておきたいこと

葉酸は、日本においては1表示で行われていますが、葉酸本来の効果を持つ成分は葉酸塩が該当します。葉酸が体内で利用されるためにはメチル葉酸塩に変換されることが条件となり、同じ葉酸でも葉酸塩でなければ、一般的に掲げられている効果を得ることはできなくなります。確かに人工的に合成された葉酸でも体内で変換をすることはできますが、変換には様々な条件をクリアする必要があるなど非常に難しく、問題となるのは、変換されなかった葉酸が体内に蓄積されていくことがあります。蓄積された葉酸は有害となることが分かっており、その分リスクが高くなっていくことになります。現在、日本で販売されているサプリメントにはメチル葉酸塩が含まれている商品な存在しておらず、できるだけ天然の葉酸を多く含む緑黄色野菜や果物を多く摂ることが大切になります。

 

葉酸と葉酸塩との違いについて

2つの大きな違いは、どちらもビタミンB9の一種であるにもかかわらず、葉酸塩が葉野菜などの食品中に天然に存在するのに対して、葉酸は人工的に作られた成分であることです。サプリメントでは、製造コストが安いことや保存が用意であることから、ここではほとんどで葉酸が用いられています。2つ目の違いは九州効率の違いがあります。ビタミンB9が体内で利用されるにはメチルテトラヒドロ葉酸(5-MTHF)という形態に変換される必要がありますが、葉酸塩が胃腸で(5-MTHF)に変換されるのに対し葉酸は肝臓などで変換され、時間がかかるとともに交換効率も悪くなります。交換できなかった分は体内に蓄積されていくことになり、体への悪影響につながることになります。そのために、摂取にはここでの違いを十分に理解をした上で、サプリメントの購入をすることが求められます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.