妊婦さんの身体に葉酸が不足するとお腹にいる赤ちゃんがかかる病気 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊婦さんの身体に葉酸が不足するとお腹にいる赤ちゃんがかかる病気

妊婦さんの身体に葉酸が不足するとお腹にいる赤ちゃんがかかる病気

妊婦さんの葉酸の重要性

妊娠したばかりの時期は葉酸がとても大切な栄養分となります。
葉酸は、おなかの中の赤ちゃんが脊髄や、脳の原型となる神経管という器官を健康な状態に育てるのに必要となります。
妊娠したばかりの時期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害という病気が、お腹の中にいう赤ちゃんに引き起こされてしまうリスクが高まってしまいます。
お腹の中の赤ちゃんの頭にあたる部分の神経管に葉酸が不足することによる障害が引き起こされると無脳症という病気になったり、お腹の中の赤ちゃんの脊髄にあたる部分の神経管に葉酸不足による障害が引き起こされると二分脊椎症という病気になったりします。
無脳症という病気が発症してしまうと、脳が健康に育たなくなってしまい流産したり、死産したりするリスクが、とても高くなります。

 

葉酸不足で引き起こされる病気

葉酸が不足することによって二分脊椎症という病気になってしまうと死んでしまう可能性は低いのですが、生まれてきてから色々な神経障害を引き起こしてしまいます。
流産になる危険性を葉酸が低くするという表現をされることがありますが、厳密には充分な量の葉酸を摂ることによって神経管閉鎖障害が発症するのを予防して、流産したり、死産となる危険性を減らすという表現の方が正確であるということになります。
そして葉酸は、妊娠したばかりの時期以外でもお腹の中の赤ちゃんが細胞を充分に分裂させるのに必要となるので、葉酸不足の状態が続いてしまうと、お腹の中の赤ちゃんに悪い影響を与えることが想定されます。
そのため葉酸だけでなく必要な栄養分を、推奨されている量の分だけ摂取する必要があります。

 

必要な葉酸の摂取する量と摂取する方法

妊娠しはじめた時期に葉酸は一番大切な栄養素となります。
お腹の中の赤ちゃんが神経管を閉鎖する障害を負ってしまいのを防ぐためには妊娠を計画している段階から摂取しておく必要があります。
葉酸は、子づくりの計画を立てていたり、妊娠する可能性があるときには成人女性に必要な量から、さらに400μgを加えた量を摂取すると良いとされています。
二十代から三十代までの女性が葉酸を一日に摂取する必要があるとされている量は、およそ240μgであることから、子づくりの計画を立てていたり、妊娠する可能性があるときには、およそ640μgぐらいの量を摂取するの良いということになります。
追加して摂取する必要がある400μgは身体に吸収されやすい形に変換されたもので摂取するのが望ましいです。
身体に吸収されやすい葉酸は、サプリメントなどに含まれているので、上手く利用するのが良い方法です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.