妊婦が葉酸を摂取するときの摂取量について説明します | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊婦が葉酸を摂取するときの摂取量について説明します

妊婦が葉酸を摂取するときの摂取量について説明します

妊婦が葉酸を摂取する際の摂取量について

妊娠を希望する方は葉酸を摂取するとよいとされています。その理由は葉酸には造血作用やDNAの形成、細胞の分裂や増殖を促すなど、妊婦や胎児の体の働きに最も欠かせない栄養素であるからです。妊娠していない状態での必要摂取量は、男女ともに240マイクログラムとされていますが、妊婦が葉酸を摂取する時の理想摂取量は、480マイクログラムと通常の2倍必要となります。前述したように、葉酸には造血作用やDNA形成を助ける働きがありますので、妊娠初期の胎児の脳や脊髄を形成するまでに重要な役割を果たし、先天的異常をおさえる働きがあるのです。そのため、妊娠を希望する人は妊娠前から、また妊婦になっても、葉酸をしっかり摂取することが望ましいとされていますので、積極的に摂取するように心掛けましょう。

 

葉酸を含む妊婦にオススメの食材

妊婦になると、通常の2倍摂取が必要となりますが、葉酸を含む食材でも、妊婦が控えた方がいいとされる食材があります。まずはレバーなどの肝類です。脂溶性ビタミンと呼ばれますが、妊婦が過剰に摂取することにより、胎児の奇形リスクを高めるようになります。次に魚の卵です。明太子やすじこ、いくらなどが一般的ですが、魚の卵には感染症の原因となる菌が含まれているため、早産や流産のリスクがあります。中でも最も妊婦が避けた方がよい食べ物は、パセリやセロリです。パセリやセロリに含まれるアピオールという成分は、実は中絶で使用されている成分なので、妊婦は食べないことをオススメします。含有量が多いからと安易に摂取しないように注意しましょう。
妊婦にオススメな食べ物はブロッコリーや菜の花、枝豆、モロヘイヤ、ほうれん草などです。

 

妊婦だからといって過剰摂取はNGです

前述したように、葉酸は妊婦と胎児にとって非常に重要な役割を果たしますが、かといって取れば取るほどいいというわけではありません。必要摂取量をこえて、あまりにも大量に摂取した場合は発熱や蕁麻疹、かゆみが起こる場合があり、ひどい場合には呼吸障害をおこす可能性があります。1日の最大摂取量は20代で900マイクログラム、30代でも1000マイクログラムとされており、この最大量は妊婦でも同じです。妊婦の必要摂取量が倍だからといっても、最大摂取量は倍にはなりませんので、こえない程度に気を付けて必要量を守りましょう。しかしながら、食事だけで葉酸を必要量摂取することはなかなか難しい場合もありますので、サプリメントなどをうまく活用するとよいでしょう。サプリメントにも様々な種類がありますが、必要摂取量を無駄なくしっかり補えるため、食事の献立を考える必要はなく、手軽です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.