葉酸は妊娠初期の妊婦には必要な栄養素ですが、過剰摂取には注意が必要 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は妊娠初期の妊婦には必要な栄養素ですが、過剰摂取には注意が必要

葉酸は妊娠初期の妊婦には必要な栄養素ですが、過剰摂取には注意が必要

妊婦に必要な栄養素とは

胎児と妊婦の健康のために、妊娠がわかったときにはバランスのよい食事を心がけることが大切です。中でも妊婦が特に意識して摂取していきたい栄養素には、葉酸、鉄分、カルシウム・マグネシウム、亜鉛、食物繊維、タンパク質、ビタミンC、ビタミンB6、B12などがあります。
葉酸は、妊婦が積極的に摂取したい栄養素の一つで、妊娠初期から摂っておくのが理想です。胎児の先天性異常のリスクを下げる栄養素として、厚生労働省でも推奨されています。
鉄分は、妊婦の鉄分不足を補うために必要な栄養素で、カルシウム・マグネシウムは胎児の骨格形成に関わる大切な栄養素です
亜鉛は、胎児の知能の発達にも深く関わり、妊婦のつわりの症状緩和にも役立ちます。食物繊維は便秘解消に、タンパク質は胎児の体を形成するために必要不可欠です。ビタミンCは免疫力を高め、ビタミンB6はつわりを緩和します。

 

妊娠初期の妊婦に葉酸が必要な理由

10ヶ月ほどある妊娠期間のうち、妊娠初期というのはほんのわずかな期間ですが、子供の健康への影響が大きく変化する時期ともいえ、細胞分裂を重なる重要な期間です。胎児が器官形成をはじめるのはこの妊娠初期ですから、この時期に妊婦が葉酸を摂取することで、先天的リスクを大きく減らすことができると考えられています。
出産を控えている妊婦なら誰でも心配になるのが、先天性の異常ではないでしょうか。
日本では、出産後の赤ちゃんが先天性異常検査を受けられるようになっていますが、新生児の2~5パーセントがこの先天性疾病を持って生まれています。
先天性異常の中には二分脊椎症があり、ビタミンBの一種である葉酸摂取によって、リスクを軽減できることが明らかとなっています。

 

妊娠初期の妊婦に必要な栄養素

2000年に厚生労働省から、妊婦だけではなく妊娠可能な女性すべてに葉酸を摂取するように呼びかけを行い、2002年には、母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されるようになりました。
妊娠初期の妊婦には必要な栄養素がいくつかありますが、中でも葉酸は、先天異常の中でも二分脊椎などの神経閉鎖生涯において、葉酸を摂取することでリスクを低減することが報告されています。神経管閉鎖障害は、先天性の脳や脊椎の癒合不全のことをいい、無脳症などもあります。
その他にも、妊娠初期の妊婦には鉄分やカルシウム、タンパク質も重要な栄養素です。妊婦は、貧血になりやすく、出産時にも大量出血をすることがあるため、妊娠初期から積極的に摂取しておきたい栄養素といえます。
妊婦は、10ヶ月間胎盤を通じて栄養を送っていますから、積極的に必要な栄養素を摂取しましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.