葉酸は妊婦にも授乳婦にもとても大切な栄養素の1つです | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は妊婦にも授乳婦にもとても大切な栄養素の1つです

葉酸は妊婦にも授乳婦にもとても大切な栄養素の1つです

妊婦に必要な葉酸とはどのようなものか

葉酸とは水溶性ビタミンの一種で、妊婦に必要な栄養素として有名です。ほうれん草の葉から発見されたことでその名前がつきました。ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜や枝豆、納豆、いちご、アスパラガス、レバーなどに多く含まれています。しかし、水に溶けやすく熱に弱いという性質があるため、調理の過程で失われてしまいやすい栄養素と言われています。
それから、赤血球の形成を働きもあるので、造血ビタミンとも呼ばれています。また、DNAやRNAを合成する働きにも深く関わっています。葉酸が不足してしまうと、赤血球をうまく形成することが難しくなるため、貧血の症状が出やすくなってしまいます。そのため、妊婦や授乳婦以外の人も普段から摂取しておきたい栄養素の1つです。

 

妊婦に葉酸が必要な理由

葉酸は妊婦やお腹の赤ちゃんにとって必要不可欠な栄養素です。通常は、一日240㎍の摂取が推奨されていますが、妊婦や妊婦を希望する女性は400㎍の摂取が望ましいとされています。妊婦になると通常の2倍近い量が必要とされています。
葉酸は、細胞分裂が活発に行われる赤ちゃんにとって非常に重要な栄養素です。特に妊婦になったばかりの初期の頃の摂取が重要とされています。これは、摂取が不足してしまうと、赤ちゃんが神経管閉鎖障害という先天異常を発症するリスクが上がってしまうからです。神経管とは脳や脊髄などの中枢神経の元になるもので、この部分に影響が及ぶと二分脊椎や無脳症といった神経管閉鎖障害が起こりやすくなってしまいます。そのため、厚生労働省では妊婦や妊婦を希望する女性に摂取を呼びかけています。

 

妊婦だけではなく、授乳婦にも必要です

葉酸が必要なのは妊婦だけではありません。出産後の授乳婦にも必要な栄養素です。葉酸には、ホルモンバランスを整える働きがあるとされています。出産後は妊婦の時に分泌されていたホルモンが分泌されなくなるため体の中で急激な変化が起こります。葉酸にはそのホルモンバランスの乱れを防いでくれる効果があります。
それから、葉酸には細胞分裂を助ける働きもあるので、赤ちゃんの成長にも欠かせない栄養素です。赤ちゃんがどんどん大きくなっていくのは細胞分裂を盛んに行っているからです。赤ちゃんの栄養は母乳を通して届けられるので、お母さんが摂取しなければ赤ちゃんに届けることもできなくなってしまいます。そのため、妊婦だけではなく授乳婦にとっても必要不可欠な栄養素と言えます。厚生労働省では、授乳婦に340㎍を一日に摂取することを推奨しています。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.