体力不足?実は妊婦に必要な葉酸が不足しているのかも | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 体力不足?実は妊婦に必要な葉酸が不足しているのかも

体力不足?実は妊婦に必要な葉酸が不足しているのかも

葉酸不足で体力不足のような症状がでる

毎日だるくて疲れやすい、ちょっと動くとふらふらする、息切れがする、頭痛が多い、口内炎がすぐできて治りづらい、そんな時に「最近、体力がなくなってきた」と考える人は多いのではないでしょうか。
でも、実はその症状は体力不足ではないかもしれません。
もちろん体力の低下によってすぐ疲れやすくなったり、免疫力が落ちていて口内炎ができやすい・治りづらいということもありますが、その全てが当てはまる人は葉酸不足の可能性があります。
葉酸はビタミンB群の一種です。赤血球を形成する働きがあるため、不足すると悪性貧血という酷いめまいやふらつき、頭痛、倦怠感などの症状が現れる一方、葉酸には体の粘膜を形成する働きもあるため口内炎ができやすい・治りづらいという症状が現れるのです。

 

なぜ妊婦に必要な栄養素なのか

葉酸というと妊婦に必要な栄養素という印象のある人は多いのではないでしょうか。実際、妊婦に葉酸は必須と言われており、2002年からは母子手帳にもその旨が記され、ほぼ全ての妊婦にその情報は通知されています。
では、なぜ妊婦には葉酸が必要なのかというと、造血作用の他に細胞分裂をサポートする作用もあるため、特に妊娠初期の細胞分裂が盛んに行われる時期の妊婦は通常時の倍の量が必要となり、意識的にサプリなどで補うことが推奨されています。
妊娠初期の妊婦が葉酸を十分摂れなかった場合のリスクは、胎児の先天性疾患です。初期には脳・神経・内臓といった体の大切な部分が作られるため、二分脊椎や無脳症などの脳神経疾患が起きる確率が上がると言われており、逆にこの時期の妊婦が1日400μgを目安に摂取していればそれらの疾患の発生率は劇的に減ることがわかっています。

 

妊婦以外の人も必要な栄養素

しかし、妊娠初期の妊婦だけではなく、妊婦の間や授乳中は通常よりも栄養素が赤ちゃんや母乳に流れていくため、妊婦やママは通常時の倍量の400μgを一日あたり摂取した方が良いと言われています。
特に妊婦の間は意識して摂取していても、産後はあまり気にしないという人も多いのですが、母乳に栄養が摂られることもあり、体内の葉酸が不足することで体力勝負の育児生活を乗り切れないような悪性貧血の症状が出てしまうこともあるので、しっかり栄養補給することが大切です。
葉酸は私たちが生きる為に必要な重要な栄養素です。水溶性なので多く摂っても体外に出てしまうため、蓄積しておくことができず、毎日しっかりと量を摂ることが必要です。
そのため、妊婦の間はもちろん、妊婦でなくなった後も意識して摂取することが好ましいです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.