妊婦が葉酸を摂取するときの正しい摂取期間について解説します | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊婦が葉酸を摂取するときの正しい摂取期間について解説します

妊婦が葉酸を摂取するときの正しい摂取期間について解説します

妊婦に葉酸がいいと言われている理由

妊娠を希望している人と妊婦には、葉酸を摂取することが望ましいとされています。その理由は葉酸には造血作用やDNAの傾城を助ける働きがあるからです。また妊娠した時に胎児の脳や脊髄を形成するのを助けるため、厚生労働省も妊娠希望者や妊婦へ摂取を推奨しています。非妊娠者の1日の理想摂取量は240マイクログラムとされていて、これは男女ともに同じです。しかし妊婦はその倍の480マイクログラムが望ましいとされています。葉酸には、妊婦の早産や流産のリスクを軽減する作用と、その他には子宮細胞に働きかけ、子宮ガンの予防にも効果を発揮すると言われています。このように葉酸には妊婦に限らず多くのメリットがありますので、日頃から食物で正しく摂取するように心掛けておきましょう。

 

正しい摂取期間はいつからいつまでなのか

厚生労働省によると、最も重要な摂取期間は妊娠前から妊娠3ヶ月頃までと言われています。具体的に言うと、妊娠発覚日に、胎児に栄養がしっかりと届くように妊婦の体内にしっかりと葉酸が満たされている必要があるため、摂取期間としては妊活を始めたらと考えた方がよいのです。しかし、妊活をしていなくても突然妊婦になるということももちろんあります。それまでに摂取していなければ遅いのかというわけでは決してありません。葉酸の正しい摂取期間というのは、特別に定められているわけではありません。あくまでも事前に摂取しておくことが理想としているだけなので、摂取期間を絶対に守らなければいけないというわけではないのです。ほとんどの妊婦は、妊娠が発覚してから摂取し始めているという方が多いです。

 

妊婦にオススメの葉酸を含む食材

葉酸を含む食材はたくさんありますが、妊婦が口にしない方がいい食物もあります。中でもセロリとパセリに含まれる成分の中にアピオールというものがあり、実はアピオールは中絶する時に使われる成分なのです。含有量が多いからと言って安易に選んではいけません。妊婦にパセリやセロリは絶対にNGです。口にしない方がよいでしょう。妊婦にオススメの食材としては、枝豆です。どこのスーパーでも手に入りますし、妊婦はお腹が減りますからおやつとしてつまむのもいいでしょう。その他に妊婦にオススメなのはホウレン草やモロヘイヤです。モロヘイヤはあまりスーパーで見ることはありませんがホウレン草であれば気軽に手に入りますし、料理のレパートリーも多いので、いろいろな食べ方で試してみるのもよいでしょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.