葉酸と月経前症候群(PMS)はどのような関係があるのか | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸と月経前症候群(PMS)はどのような関係があるのか

葉酸と月経前症候群(PMS)はどのような関係があるのか

月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)とは、月経前の一定期間に身体的・精神的な不調が現れる症状のことをいいます。月経前のこういった症状には個人差があり、全く症状がなくいつも通りの生活を送れる人もいれば、不快な症状を感じる人、寝込んでしまうほど症状が重い人など様々です。月経前症候群(PMS)の具体的な症状をあげると、乳房の張りや腹部の膨満感を感じたり、むくみなどが起こる水分が溜まる症状があります。それから、頭痛、腹痛、腰痛など痛みを感じる症状もあります。その他にもイライラしたり、情緒不安定になったり、怒りっぽくなったりする等の精神的な症状もあります。肌荒れやニキビができやすくなるなどの症状にも関係しています。葉酸には、こういった症状を和らげる働きがあると言われています。

 

葉酸にはどのような効能があるのか

葉酸とは水溶性ビタミンB群の1つで、妊娠中の女性や妊娠を希望する女性は摂取した方がいい栄養素としてよく知られています。葉酸には造血作用があり、ビタミンB12と共に赤血球をつくり出します。貧血には葉酸不足が関係しているとも言われています。特に生理中は血液が失われるので貧血になりやすく、葉酸は摂取しておきたい栄養素です。また、葉酸にはDNAの形成を助ける働きやホルモンバランスを整える働きもあります。
女性の排卵や月経を促しているのは、女性ホルモンの働きによるものです。ホルモンバランスが乱れてしまうと、生理痛や生理不順といったトラブルが起こりやすくなってしまいます。葉酸にはホルモンバランスを整える働きがあるため、葉酸を摂取することは正常な排卵を促し生理の周期を安定させることにつながります。

 

葉酸と月経前症候群(PMS)との関係

葉酸は女性の生理の周期やメカニズムと深く関係しています。生理の前に起こる月経前症候群(PMS)は、ホルモンバランスが乱れることで引き起こされると考えられています。これは、生理中や生理期間中、排卵期と期間によってホルモンが大きく変動するからです。葉酸にはこのホルモンバランスを正常に整える働きがあります。そのため葉酸は、月経前症候群(PMS)の症状を緩和することができるのです。また、葉酸は自律神経にも関係があります。自律神経が乱れると、ホルモンバランスも乱れやすくなってしまいます。それが、生理に関わるトラブルにもつながります。葉酸には自律神経を整える効果もあるので、ストレスを減らしてリラックスさせてくれます。それが、月経前症候群(PMS)の症状であるイライラや不安感を和らげてくれます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.