妊婦じゃなくても葉酸は必要!アルコールの関係とは? | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊婦じゃなくても葉酸は必要!アルコールの関係とは?

妊婦じゃなくても葉酸は必要!アルコールの関係とは?

葉酸とアルコールの関係

葉酸と言うと、妊娠中の女性にとって必要な栄養素だというイメージがありますが、普通の女性や男性にとっても必要な栄養素です。特に飲酒と深い関係があり、アルコールを飲む人には不可欠な栄養素です。少し飲む程度なら問題ありませんが、大量の飲酒は、葉酸の吸収と代謝を妨げる原因となります。食事などから葉酸がきちんと吸収できないので、体内に備蓄された分もどんどん消費してしまい、葉酸不足に陥りやすくなります。アルコールを大量に飲むと、肝臓がアルコールの分解を優先して行うようになるので、栄養素の吸収が後回しにされてしまうのです。葉酸は水溶性ビタミンであり、吸収されなかった分は、尿として体外に排出されてしまう為、体内に蓄積しておくことはできません。このため、葉酸不足とアルコールには深い関係があるのです。アルコール依存症の人は、ほぼ葉酸が不足しているといって良いでしょう。

 

肝臓の疲れが葉酸不足を招く

お酒の飲みすぎは肝臓の疲れを招きます。常に肝臓がアルコールを分解している状態なので、内臓も疲れてしまうのです。肝臓はアルコールの分解という役割以外にも、脂溶性ビタミンを蓄えておくという役割がありますが、この機能が低下して、本来蓄えておけるはずのビタミンが不足すると、水溶性ビタミンであるビタミンをB群や葉酸なども不足しがちになります。これは食べ物をエネルギーに変えて使うということがうまくできなくなることを意味しており、慢性的な疲労に悩まされることになります。葉酸は赤血球を作る造血作用もあるので、不足すると貧血にもなります。毎日お酒を飲む人で、何となく体の調子が悪いという人は、お酒の飲みすぎによって葉酸が不足していることが考えられるので、お酒との付き合いを見直してみる必要があるでしょう。

 

葉酸不足にならないよう飲酒を楽しむには

葉酸不足にアルコールが深く関係していることは分かりましたが、お酒を楽しみつつ、葉酸不足にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。まずは、お酒飲み方を見直す必要があります。お酒は楽しむ程度に飲むなら健康に良いと言われていますが、飲む量を考えないと肝臓やその他の器官に大きな負担をかけることになります。どんなに葉酸を摂取しても吸収されずに排出されてしまうので、アルコールの量を適量にするように心がける必要があります。そのうえで、野菜をたくさん食べるようにしましょう。野菜不足と葉酸不足にも関係があり、野菜を食べない人は葉酸も不足しがちです。普段の食事から野菜をたっぷりと摂るように心がけると良いでしょう。野菜が苦手な人は葉酸が摂取できるサプリメントがおすすめです。飲酒は適量にとどめ、葉酸を積極的に摂取することで不足を解消することができます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.