葉酸の摂りすぎにより小児喘息のリスクが上がる関係について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸の摂りすぎにより小児喘息のリスクが上がる関係について

葉酸の摂りすぎにより小児喘息のリスクが上がる関係について

葉酸の摂りすぎと副作用には関係がある

葉酸は胎児が健康的に成長するために関係している栄養素なので、妊娠したら、不足しないように食品やサプリメントで摂取しなければなりません。葉酸をきちんと摂取していれば、胎児の先天的障害のリスクを下げる効果を期待できますが、摂りすぎにだけは注意するようにしましょう。
食品から葉酸を多めに摂取しても、体内に蓄積する脂溶性ビタミンではなく、尿などと一緒に排出される水溶性ビタミンなので、副作用の心配はいらないといわれています。しかし、サプリメントで過剰に摂取すると、さまざまな副作用のリスクがあるので、妊娠中は400μgを摂取するようにし、1000μg以上の摂取は避けてください。
葉酸を摂りすぎた場合、生まれてくる赤ちゃんが喘息になることと関係するという説があるので、気を付けるようにしましょう。

 

葉酸の摂りすぎは喘息リスクと関係している

妊娠中に母親が葉酸を摂りすぎると、赤ちゃんの喘息リスクを高めるといわれています。健康に良いものと思って飲んでいた葉酸のサプリメントが、赤ちゃんの喘息と関係していることがわかると、あとで後悔するはめになってしまうので、規定量以上は摂取しないようにしましょう。
オーストラリアで発表された研究によると、妊娠後期(30~34週)の間、1日1000μgほどの量の葉酸を摂取すると、胎児の小児喘息のリスクが25%も高まったというデータがあります。
中には勘違いして、妊娠後期に葉酸を摂取すると、小児喘息になりやすいと思って、飲むのをやめてしまう方もありますが、そうではありません。1日1000μgほどの量の葉酸を摂るのが良くないのであって、規定値であれば何の問題もなく、むしろ胎児の健康のためには良いので、飲み続けるようにしましょう。

 

食品とサプリで葉酸を摂取しても安全

葉酸の摂りすぎは喘息リスクを高めるので、サプリメントを利用するなら、食品はあまり食べなくても良いと思う方もあるようです。しかし食品に含まれる葉酸は、水や熱に弱いので、焼いたり煮込むなどの調理を行ったときに、ほとんど失われてしまいます。葉酸の含有量が多い食品といえばほうれん草ですが、調理を行うと、体内に残る量は半分以下にしかならないので、サプリメントで400μg摂取しても、1日1000μgの量を超えることはないでしょう。
サプリメントの場合は食品とは違い、飲む量を簡単に増やせるので、1日1000μgを超えやすくなります。
赤ちゃんの健康のために摂取したいなら、必要以上は飲まないようにし、パッケージや説明書に書かれた1日の用量を守るようにしてください。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.