葉酸と心筋梗塞の関係~血管の健康を守り予防が期待できる | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸と心筋梗塞の関係~血管の健康を守り予防が期待できる

葉酸と心筋梗塞の関係~血管の健康を守り予防が期待できる

そもそも葉酸とはどんな成分なのか

葉酸はビタミンBの一種に該当する成分です。葉と言う漢字がつく通り、葉酸は葉物野菜に多く含まれています。しかし葉酸は水溶性のビタミンなので熱に弱く、水に流出しやすいので、そうした葉物野菜から摂取すると言う場合には、調理方法に気を使うことが求められます。葉酸には赤血球の生成に働きかける作用があります。赤血球は血液のもとなので、それによって造血作用が期待できます。またホモシステインと呼ばれる、血管を傷つけ動脈硬化を引き起こす原因にもなる物質の分解、排出にも、葉酸は作用を持っています。更に細胞分裂を促進し、全身の新陳代謝を高める作用も持っています。このことは成人にとっては勿論のこと、胎児の健康的な体作りには欠かせない作用です。これ以外にも葉酸は全身の健康、美容に大きな影響力を持っているため、1日の推奨摂取量が国によって定められています。

 

葉酸と関係がある心筋梗塞とは

葉酸の作用は、特定の病気の予防や改善と関係があると言われています。そのひとつが心筋梗塞です。心筋梗塞がどのような病気かと言うと、心臓の冠動脈と呼ばれる血管が詰まってしまうことで、心筋に血液が送られなくなってしまう病気です。心臓は、全身に血液を送り出している臓器です。その臓器が正しく機能するために送られる血液が、血管が詰まってしまうことで停止してしまうわけですから、心筋梗塞になると全身に対してダメージが発生してしまいます。結果、対処が遅れると命の危機に直結する場合もありますし、対処が間に合ったとしても、重い後遺症が残ることもあります。これはある程度、年齢を重ねた人であればある程度のリスクはあると言われていますが、最近では比較的、若い年齢の人でも発症することがある病気として知られています。

 

葉酸と心筋梗塞に関係がある理由

どうして葉酸が、心筋梗塞の予防、改善と関係があるとされているのかと言うと、ひとつは造血作用により血流の滞りが改善されることが期待できるためです。そしてもうひとつは、葉酸には動脈硬化予防が期待できるためです。動脈硬化は、心筋梗塞との関係がとても深い状態です。血管に余計なコレステロールなどが蓄積され、そのダメージを和らげるために、血管が硬くなってしまっているのが動脈硬化です。これが心臓の冠動脈で発生すると、心筋梗塞発症のリスクは高くなります。よって葉酸は、動脈硬化から心筋梗塞発症を予防することに効果が期待できると言うことです。また動脈硬化は、心筋梗塞以外の血管性疾患のリスクファクターでもあるので、この面から見ても葉酸は頼りになる成分だと言えます。成人の1日あたりの葉酸推奨摂取量は240μgですから、健康が気になる人は、意識的に摂取することが望ましいです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.