葉酸はDNA生成に深く関係があり、不足すると様々な障害を招きます | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸はDNA生成に深く関係があり、不足すると様々な障害を招きます

葉酸はDNA生成に深く関係があり、不足すると様々な障害を招きます

葉酸とDNAの関係とは

葉酸は細胞の生成に深く関係のある栄養素です。葉酸の主な働きをまとめると、血液内の赤血球の生成や細胞の再生、そしてホモシステインの分解、排出となります。
葉酸はビタミンB12と協力関係にあり、ともに協力して赤血球の生成に働きます。赤血球内の核酸のうち、特にDNAの生成に大きく関係しています。
核酸は遺伝子情報を格納し、その情報通りに細胞を生成するように指令を出すDNAと、遺伝情報を転写したり、遺伝情報をもとにたんぱく質を合成するRNAとがあります。葉酸はこのDNAの生成に際して、補酵素として働くのです。細胞を分化する際、活性酵素などが働いてDNAのコピーエラーが起こることがあります。このエラーが起きた時は分解して再生しますが、この再生の際にも葉酸が必要になります。ところが葉酸が不足してしまうと、コピーミスしたDNAが生成されることになるのです。

 

葉酸不足が招く様々な症状

ミスコピーしたDNAで細胞が作られることによる障害は、血液や腸、口の粘膜などにあらわれます。
血液中で巨大な赤血球が作られます。すると骨髄での造血能力は上がりますが、赤血球になる前に壊れる無効造血と呼ばれる状態になります。白血球や血小板も同様の状態になり、貧血の状態となります。これを巨赤芽球性貧血とよびます。葉酸や、葉酸と関係の深いビタミンB12の不足により起こる巨赤芽球貧血は、動機や息切れ、倦怠感や疲労感などの他、味覚低下などの症状を招きます。
またDNAの損傷により腸に潰瘍ができたり、口内炎ができたりします。さらに細胞の癌化を招くとされています。子宮がん、喉頭がん、肺がんなどが生じる可能性があります。逆にこれら癌の治療に、葉酸は効果があるとされています。

 

葉酸は意識的に摂取するようにしましょう

葉酸の不足はさまざまな症状を引き起こすため、意識して摂取することが大事です。日本食事摂取基準によると、成人男女の葉酸摂取推奨量は240㎍です。また、特に妊婦や授乳婦には必要な栄養素ですので、それぞれ付加されて440㎍、340㎍となっています。葉酸はアスパラガス、枝豆、芽キャベツ、ブロッコリー、トウモロコシやホウレン草など、野菜に多く含まれています。またレバーにも多く含まれています。しかし熱や光に弱く、調理中や保存中に光に当たることで多くが失われます。また吸収率が50%とあまり良くないため、食事だけで必要量が取れない場合はサプリメントで補うのも良いでしょう。ただし、サプリメントで葉酸を過剰摂取すると過敏症が出るため、上限は900㎍と定められていますので注意が必要です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.