動脈硬化による脳梗塞や心臓病を予防には葉酸が関係します | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 動脈硬化による脳梗塞や心臓病を予防には葉酸が関係します

動脈硬化による脳梗塞や心臓病を予防には葉酸が関係します

動脈硬化の原因ホモシステイン

葉酸はビタミンB群の栄養素ですが、脳梗塞などの動脈硬化の予防に関係しているといわれています。動脈硬化とは、体の動脈にコレステロールや中性脂肪などが溜まることによって詰まったり、硬くなったりすることをいいます。動脈に弾力性や柔軟性がなくなるため、血液がスムーズに流れなくなります。動脈硬化が進行し、血管が狭くなったり詰まったりすると重大な病気を引き起こします。心臓で詰まれば心筋梗塞、狭心症などの心臓病、脳で詰まれば脳梗塞といった病気です。動脈硬化原因のひとつとして、血液中にホモシステインという物質が増えることだということがわかってきました。そのホモシステインを分解して無害なものにして、排出する働きをもつのが葉酸です。葉酸は、血液中のホモシステインの濃度を下げるという働きを担ってくれるため、葉酸は脳梗塞の予防に関係があるといわれているのです。

 

葉酸をしっかり摂取するには

このように、脳梗塞などに発展する動脈硬化を予防するには葉酸が関係しており、しっかりと摂取する必要があります。葉酸は、野菜の他、レバーや納豆などさまざまな食品に含まれていますので、成人の場合240μgが推奨量とされていますが、バランスの良い食生活を行っていれば十分摂取できるとされています。しかしながら、葉酸は熱や水に弱い特徴を持っており、また胃酸などの影響で体への吸収率が悪い栄養素です。またアルコールやたばこ、タンニンを含む飲み物は、葉酸の吸収を阻害するものといわれているので、しっかり摂取するには葉酸サプリメントの利用がおすすめです。葉酸は体内に蓄積されないので、不足することのないよう、バランスの良い食事に加えてサプリメントで補うという方法がおすすめです。

 

葉酸不足が関係する病気は

葉酸不足が関係する病気は、脳梗塞や心臓病以外にもあります。例えば、口内炎などの粘膜の病気です。葉酸はたんぱく質の合成にも関係しており、細胞が新しく作り出されるために必要な栄養素です。細胞の入れ替わりが激しい胃腸や口腔内の粘膜に、葉酸が不足すると潰瘍ができやすくなります。また、葉酸は正常な赤血球を作ることにも関わっており、不足すると正常な赤血球が作られないために起こる悪性貧血になってしまいます。その他、葉酸は胎児や赤ちゃんの発育にも影響しています。細胞分裂したり、成熟したりするときに必要なビタミンだからです。葉酸はDNA合成に関わっているため、不足すると正常な細胞が作られなくなります。このようなさまざまな病気に関係する葉酸不足を解消するために、サプリメントを上手に利用して不足分を補うことがおすすめです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.