葉酸とがんとの関係性について注目されている理由とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸とがんとの関係性について注目されている理由とは

葉酸とがんとの関係性について注目されている理由とは

葉酸の驚くべき効果とは

葉酸は動脈硬化、心筋梗塞、がんを予防するのに効果があるという研究結果が発表されており、サプリメントとしても高い人気があります。また妊婦の場合には胎児の先天性の病気を予防するために必要な栄養素を含んでいることから、植物成分100パーセントのサプリメントの摂取が推奨されています。
ほうれん草などに含まれている栄養素をとして有名ですが、食べ物から摂取するだけでは1日に必要な摂取量を得にくく、熱や水にも弱いため、調理をすると栄養分が失われてしまうというデメリットがあり、その点でもサプリメントの人気が高いのです。
貧血予防にもなりますし、細胞を活性化させる働きがあるため、葉酸は男性でも高齢者でも積極的に摂取しておきたい栄養素です。
葉酸とビタミン、亜鉛など他の栄養素を豊富に含むサプリメントがおすすめです。

 

葉酸とがんとの関係について

葉酸はビタミン12と合わせて摂取するとがんの予防になるという研究結果が報告されています。
葉酸とビタミン12、ビタミン6は血中のホモシステインを低下させる働きがあります。ホモシステインは悪性のアミノ酸でこのアミノ酸を葉酸がメチオニンという良性のアミノ酸に変化させる働きがあるといわれています。メチオニンはDNAの修復をすると言われており、メチオニンが増えることでがん細胞の増殖を予防することができます。葉酸は消化管の粘膜を強くする働きもしているため、腸内環境を整えてくれます。
がんは生活をしていくうえで気がつかずに進行してしまうため、毎日葉酸を積極的に摂取するだけで体に優しい生活ができることになります。がんの発症リスクを抑制してくれるのですから、葉酸とがんとの関係性は深いものがあるといえます。

 

葉酸を摂取できる食べ物とは

葉酸を摂取できる食べ物はほうれん草、海苔、枝豆、果物、海藻、焼き栗などです。サプリメントを飲んでいるから大丈夫というのではなく、がんや心筋梗塞などの病気を予防するためには食物もきちんと食べることが大切です。
研究によってはサプリメントでは葉酸とがんを予防できる関係性はみられないというものもありますから、納豆、ブロッコリー、いちご、アスパラガスなど食事に取り入れておくことが大切です。お弁当の時には野菜サラダやおひたしを付け加えるとバランスの良い食事になりますし、がん予防との関係性を考慮した栄養バランスになります。葉酸はレバー、すじこ、からしな漬けにも入っていますので常備菜として葉酸に関係した食事メニューができます。スーパーで手に入れやすい食材ばかりです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.