赤血球など血液や細胞の合成に深く関係している葉酸について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 赤血球など血液や細胞の合成に深く関係している葉酸について

赤血球など血液や細胞の合成に深く関係している葉酸について

葉酸と赤血球の関係について

赤血球は絶えず骨髄で生成されており、約120日間の寿命とともに体内を循環し、寿命を迎えると脾臓で分解されます。赤血球は人が活動するうえでなくてはならないものですが、葉酸はこの赤血球の生成に深く関係しています。
赤血球は生成されたばかりは核のある細胞となっています。他の核がある通常の細胞と同様に、生成されたばかりの赤血球は核酸やタンパク質の合成を必要としています。その核酸やタンパク質の合成を促すはたらきをする葉酸は、造血機能と深く関係していることが分かります。
葉酸は摂取されることで核酸やタンパク質の合成を促し、それによって母体の健康を手助けします。さらに上記のように赤血球の安定を保持するはたらきも持ち合わせているため、貧血気味になりやすい妊娠時などでは葉酸は欠かせないものとなります。

 

葉酸と赤血球の詳しい関係について

葉酸は核酸であるヌクレオチドの生合成に関与していると同時に、DNAの安定にも関係しています。もし葉酸が欠乏気味となると合成や代謝が悪くなり、正常な赤血球の生成が上手くされず、それが造血機能全体を低下させることとなります。
葉酸はビタミン群の一種で、ビタミンB12を含んでいます。ビタミンB12は造血過程での核酸やタンパク質の合成に関与しており、これが不足しても貧血など造血機能低下からくる症状が出てくることになります。
葉酸を摂取し核酸やタンパク質の生合成をサポートすることで、赤血球は正常に分裂することができ、正常なサイズで体内を流れ新鮮な酸素を身体全体に届けることができるようになります。このため正常な造血機能は人体にとって非常に大切で、葉酸は深く関係しています。

 

葉酸のその他の特徴について

葉酸は造血機能をサポートするだけでなく、他にも腸内環境を整える、新陳代謝を改善させる、肌荒れを改善させるといったはたらきがあります。これらは全て葉酸のDNAの安定化やタンパク質の生合成を助ける効果からきており、血液を正常に保つことで妊婦さんの母乳などにも良い効果を発揮するという幅の広いはたらきをもつのが特徴となっています。
一方で葉酸は摂取しにくい成分のひとつとして認識されており、1日に必要な量の葉酸を摂取するには多くの野菜をとらなければなりません。加えて葉酸は熱や水に弱く、また吸収率もあまり良くないという特徴ももっているため、現代では食べ物を多く摂取するのではなくサプリメントで葉酸を体内に取り込む方法がとられています。サプリメントは手軽である一方で、用法と用量を守って使用することが大切となります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.