葉酸と受精卵の関係~着床率を高め、更にその細胞分裂も助ける | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸と受精卵の関係~着床率を高め、更にその細胞分裂も助ける

葉酸と受精卵の関係~着床率を高め、更にその細胞分裂も助ける

葉酸と受精卵の関係~着床率を高める

葉酸の受精卵の関係ですが、まずは葉酸にはその着床率を高める作用を期待することができると言うことが挙げられます。妊娠するためには性交を行い、卵子と精子が結合した受精卵が子宮内膜に運ばれ定着することが必要です。子宮内膜はベッドのような役割を果たすため、そこに着床することで受精卵は無事、胎児のもととして細胞分裂を繰り返すことができると言うことです。着床は、人間にはどうすることもできない領域での現象です。ただし女性の代謝が低く、冷え気味であったり、血の流れが滞りがちだと、この着床にも影響が出やすくなると言われています。これは、子宮内膜の厚みは血液によって作られるためです。つまり血流不足だと子宮内膜の厚みの不十分で、受精卵も着床しにくくなってしまうと言うことです。葉酸には造血作用があるため、血流不足を解消することで着床率を高めることが期待できます。

 

葉酸と受精卵の関係~細胞分裂を助ける

受精卵は細胞分裂を繰り返すことで、少しずつ胎児として成長していきます。そのため、その細胞分裂が不十分だと、胎児の健康に影響が出てくる可能性もあります。そのひとつが先天性の神経管閉鎖障害です。葉酸には細胞分裂を促進する作用があります。そのため母親が葉酸を摂取することで、胎児にも葉酸の成分が供給され、その細胞分裂が促進されることが期待できます。この関係により、葉酸には胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを軽減する作用があると言うことが明らかにされています。また葉酸は、女性だけでなく、男性に対しても関係がある成分です。これは葉酸には、男性の精子の染色体異常を予防する作用があるためです。精子に染色体異常があると不妊の原因になったり、胎児の発育に影響が出てくることもあると言われているので、男性も葉酸を摂取することが望ましいです。

 

いつごろから摂取するのが望ましいのか

受精卵との関係を考えた時、いつごろから葉酸を摂取するようにするのが望ましいのかと言うと、これは早いに越したことはないと言えます。そもそも葉酸は、妊娠を意識している人だけでなく、老若男女問わず必要な成分だと言うことができます。これは造血や細胞分裂促進と言った、健康的な体作りのためには大切な作用を葉酸は担っているためです。よって妊娠を意識している女性、そのパートナーである男性も、日頃の健康づくりの一環として葉酸を摂取しておくのが望ましいと言うことができます。成人の場合、1日あたりの葉酸推奨摂取量は240μgに設定されています。そして実際に妊娠した場合は、女性は480μg摂取するのが望ましいとされています。葉酸は葉物野菜に多く含まれていますが、食品だけでこの量を摂取するのは難しいですので、サプリなどを上手に利用すると良いです。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.