葉酸は高血圧や動脈硬化を予防したいときに役立ちます | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は高血圧や動脈硬化を予防したいときに役立ちます

葉酸は高血圧や動脈硬化を予防したいときに役立ちます

高血圧の予防に役立つ葉酸とは何か

妊娠中の女性が、胎児の健やかな成長のために必要な成分といえば葉酸ですが、実は高血圧の予防にも役立つので、中高年の男女も積極的に摂取した方が良いでしょう。葉酸はほうれん草の葉から発見されたもので、約20種類の酵素の補酵素として働き、ビタミンB12とともに、赤血球の合成や、DNAなどの核酸の合成に関係しています。胎児の発育には欠かせないもので、妊娠前または妊娠初期の女性が葉酸を摂取すると、胎児の先天的異常を予防できるといわれていますから、定期的にサプリを摂取している女性も少なくありません。
不足すると、貧血や口内炎、腸炎、出血性疾患を発症しやすくなるので、サプリなどで補う必要があります。中高年になると、血液がドロドロになりやすく、高血圧を発症する人が多いので、動脈硬化を予防したいなら葉酸を摂取するようにしてください。

 

葉酸が高血圧をなぜ予防できるのか

高血圧の人は自覚症状があらわれにくいので油断しやすいですが、放っておくと動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞などの重い病気になることがあります。病院へ行けば薬を処方してもらえますが、葉酸を摂れば、血圧を下げる効果を期待できます。
葉酸を摂取すると、血中のホモシステイン濃度が低下し、高血圧や動脈硬化を予防できるといわれています。ホモシステインは血中で活性酸素を発生し、血管を老化させ、働きを悪くするので、濃度が高くならないように気を付けなければなりません。
葉酸を摂取すれば、スムーズにホモシステイン濃度を低下できるので、食べ物やサプリメントで体内に摂り込むようにしてください。葉酸が多く含まれる食べ物は、ほうれん草やモロヘイヤ、ケール、ブロッコリーなどの青野菜やレバー類なので、毎日の食事を工夫して食べると良いでしょう。

 

高血圧の予防には安くて手軽な葉酸サプリを

妊娠と同時に血圧が高くなる場合があるので、妊娠をきっかけに高血圧に悩まされ、出産後もそれが続く人は珍しくありません。高血圧は中高年だけの病気ではないので、たとえ年齢が若くても、血圧が高いことが判明したら、早めに対処するようにしましょう。
高血圧を改善したいけれど、薬は副作用が気になるので使いたくないという人には、葉酸の摂取がおすすめです。
葉酸には血圧が上がるのを予防する効果があるので、ほうれん草などの食品を毎日摂るのは難しいという方は、安くて手軽なサプリを利用するようにしてください。葉酸サプリには、妊婦さん用もあれば、一般向けもあるので、自分に合ったものを選んで摂取すると良いですね。
毎日決められた分量を飲むだけで、効果的に血圧を抑えられるのが葉酸サプリの魅力ですが、飲み過ぎにだけは注意するようにしましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.