赤血球の異変を予防してくれる葉酸の働きと注意点とは | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 赤血球の異変を予防してくれる葉酸の働きと注意点とは

赤血球の異変を予防してくれる葉酸の働きと注意点とは

貧血の防止とともに発揮する効果

鉄欠乏貧血になりやすい方は鉄分を積極的に摂取することが推奨されます。鉄分は身体への吸収率が非常に低いので、吸収を促進するビタミンCなどと同時に摂ると、効率よく取り込めることも知られるようになりました。さらに体内効率を高める存在として、葉酸の摂取もしられています。葉酸は、赤血球のサイズが異常化することを予防するうえ、細胞分裂の促進効果も期待されています。
骨髄での細胞分裂促進によって、赤血球を作り出す力もバックアップする仕組みがあるからです。このため、貧血防止を目的として鉄分摂取をする方には、葉酸も合わせて摂取することで早期の改善が望めると考えられています。妊娠期以外でも葉酸は、女性の身体をサポートしてくれる有用な成分だと考えて構わないでしょう。

 

葉酸の推奨摂取目安を基準に

葉酸の摂取は主に女性に薦められています。もちろん男性も全く摂取しなくて良いということではありません。ビタミンB12とともに赤血球のサイズ調整に働きかけ、細胞分裂など体内での活動には欠かせない存在です。厚生労働省で公表している栄養成分の推奨摂取目安で葉酸は、成人男女ともに240μgが望ましいとしています。妊娠した場合は、さらに200μgを追加して摂取したほうが良いこともわかっています。胎児の成長過程に問題が起こることを予防し健康に出産するためには、妊娠初期の積極的な葉酸摂取は欠かせないといわれるようになりました。月経で貧血になりがちなときは、赤血球も減少する可能性が高いので、予防的に葉酸摂取をすることも必要になるでしょう。葉酸によって予防できる女性のトラブルは実に多様です。

 

葉酸摂取時の注意点とは

妊娠期や授乳期に葉酸を積極的に摂取している方には、注意点もあります。貧血や胎児の健康を守るため予防的に葉酸を使用していると、万が一ビタミンB12欠乏症になっていても気が付きにくいといわれています。赤血球のサイズ調整の働きは、葉酸とビタミンB12が担っているのですが、葉酸を多くとっていることからビタミンB12の働きを肩代わりした状態になります。そのためビタミンB12が欠乏しても特に症状を感じることなく過ごせますし、葉酸の摂取を減らしたときにはじめて不調を感じる方が多いのです。もちろん、妊婦検診の血液検査でも発見することができるので、このようなこともあると知っているだけで十分でしょう。葉酸の摂取とともにビタミンB12の摂取についても考えておくと安心です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.