交感神経のバランスを整え、妊娠中のつわりを予防・緩和できる葉酸 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 交感神経のバランスを整え、妊娠中のつわりを予防・緩和できる葉酸

交感神経のバランスを整え、妊娠中のつわりを予防・緩和できる葉酸

さまざまな予防効果のある葉酸

葉酸が予防・回避できる効果のひとつに、妊娠中の女性のつわりがあります。妊娠初期から始まるつわりは、妊娠中に分泌される女性ホルモン・プロゲステロンが原因で起こります。お腹の中の赤ちゃんの成長を阻害する毒素を排除するため、脳にある嘔吐中枢を刺激して、吐き気・嘔吐を引き起こすというわけです。これが「つわり」ですね。
また、プロゲステロンは、眠気やだるさ、頭痛やむくみ、下痢や便秘などの便通不順といった特有の症状も引き起こしてしまいます。この期間は長く、2ヶ月目から5ヶ月目まで続きます。最も症状が酷く出やすいのが4ヶ月目のあたりです。
ここで有効になってくるのが「葉酸」というわけです。また、葉酸の他にもビタミンB12・B6などもつわりの予防・緩和に有効です。

 

葉酸がつわり予防に有効な理由

つわりとは、先述の通り女性ホルモンが分泌されることで起こるのですが、これは妊娠によって交感神経と副交感神経のバランスが乱れていることにより起こるもの。交感神経・副交感神経の乱れ、自律神経の乱れによって、妊娠中でなくても不調をきたすのはご存知でしょう。
この交感神経・副交感神経の乱れを整えるのが、葉酸と「ビタミンB12」となります。葉酸・ビタミンB12を摂取することが、自律神経を整えることとなり、つわりを予防できます。ただし、注意しなければならないのは、葉酸とビタミンB12はどちらか一方だけが不足していてはならないということ。葉酸とビタミンB12が同時に働きかけることにより、つわりを予防するため、葉酸とビタミンB12の両方とも不足しないよう摂取するようにしましょう。

 

葉酸の他に、つわりを緩和できる成分

葉酸・ビタミンB12の他にも、「ビタミンB6」もつわりを予防、そして緩和ができます。つわりの時期特有の吐き気・だるさを直接緩和してくれます。主に、ニンニク・マグロ・カツオ・鶏ひき肉・レバー・鶏ササミ・カモ・塩鮭あたりが豊富に含まれています。ただし、葉酸と同様、ビタミンB6はビタミンB12や葉酸と3つ一緒に摂取することをおすすめします。単独で摂取するよりも、相乗効果が相まってより高い効果が期待できるためです。
この他、つわりを予防・緩和する方法としては、匂いが強いものを避けたり、料理を手伝ってもらって食品の匂いから遠ざかったり、食事を何度かに小分けして胃への負担を減らしたり、柑橘類・冷めたオニギリ・トマト・野菜スープ・ゼリーなどつわりを起こしにくい食品を食べたりといった方法が挙げられます。葉酸と併せてご活用ください。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.