葉酸は受精卵の未着床や分裂不全を予防することに期待ができる | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は受精卵の未着床や分裂不全を予防することに期待ができる

葉酸は受精卵の未着床や分裂不全を予防することに期待ができる

葉酸が受精卵に果たす役割~着床

受精卵とは性交することで卵子と精子が結合したものです。これが女性の子宮内膜に着床して、初めて妊娠が成功したと言うことができます。受精卵が無事、子宮内膜に着床するかどうかは、人間にはどうすることもできないことです。しかしその確率を高め、受精卵が着床しないと言うことを予防することは、ある程度までは可能です。それが葉酸を摂取すると言うことです。これは葉酸には、造血作用があるためです。血液の量が不足していると、子宮内膜の厚みが不十分になりやすくなります。すると受精卵が着床しにくく、妊娠が実現しにくいままと言う状況が続きやすくなります。女性の場合、冷えや貧血気味と言う方も多いかもしれませんが、その原因のひとつには血液量の不足が考えられます。よってそれを解消し、受精卵が着床しないのを予防するためには、葉酸の摂取が効果的だと言えます。

 

葉酸が受精卵に果たす役割~細胞分裂

そしてもうひとつ、葉酸は受精卵の細胞分裂が不十分であることに対しても予防効果が期待できます。これは葉酸には細胞分裂を促進する作用があるためです。受精卵は細胞分裂を繰り返すことで、少しずつ胎児の形になっていきます。よってその細胞分裂が不十分だと、胎児の体作りや健康に大きな影響が出てくることも考えられます。よってこれの細胞分裂の不足を予防することは、胎児の先天性神経管閉鎖障害を予防することにもつながります。このようなことから、妊娠を意識している女性は、そのための活動を開始したと同時に葉酸を摂取することが望ましいとされています推奨摂取量は1日あたり480μgです。これを食べ物だけで摂取しようとするのは難しいので、サプリ等を上手に活用するのが望ましいです。

 

女性だけでなく男性にも葉酸は大切な成分

そして妊娠を意識している女性がパートナーである男性にとっても、葉酸は重要な成分だと言えます。これは葉酸には、精子の染色体異常を予防する作用があるためです。健康な男性の精子でも、一定割合で染色体異常が発生しているとされており、そのことが不妊の原因になることも少なくはありません。また精子の染色体異常は、受精卵の状態にも影響を及ぼす可能性があるとも言われています。よって男性側も葉酸を摂取することで、より女性の妊娠が叶えられやすくなる、また胎児の健康な体作りに良い影響をもたらすことができると言えます。特に喫煙や飲酒習慣がある人は、普通の人に比べると葉酸の消費量が多いと言われています。また葉酸は、ストレスによっても消費される成分なので、これらに思い当たる節がある男性は、積極的に葉酸を摂取することが求められます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.