葉酸と鉄分の違いをご存知ない方へ、詳しく解説します。 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸と鉄分の違いをご存知ない方へ、詳しく解説します。

葉酸と鉄分の違いをご存知ない方へ、詳しく解説します。

どちらも体に必要な成分です

女性にとって鉄分が不足すると貧血になるなんて聞いたことありますよね。日頃から鉄分が配合されている商品やサプリメントを摂取しているという女性も少なくないでしょう。その反面、葉酸と聞くと、妊娠中に摂取が良いとされている成分という認識を持っていませんか?どちらの成分も健康な体を作る為には必要な成分なのですが、その違いを知らないという人も多いようです。鉄分と葉酸というのはとても似た働きをする為、区別しにくいという点があります。葉酸のことを知らないと、貧血が鉄分だけが原因で起きているものと認識してしまいますが、実際は葉酸が不足していることも原因の一つです。葉酸の働きは何なのか、鉄分とどんな違いがあるのかを詳しく解説していきます。葉酸との違いをしっかり把握しましょう。

 

赤血球に注目しましょう。

まずは、鉄分の働きについて知りましょう。
・赤血球を作る材料になってくれます。
・効率よく吸収する為には、動物性たんぱく質とビタミンCを同時に摂取することが必要。
・鉄が不足してしまうと、赤血球も不足してしまいます。その為、体内へ酸素が運ばれなくなってしまい、貧血症状があらわれてしまいます。
・肉・魚・貝・海藻・野菜に含まれています。
・体で吸収されにくいという特徴があります。
これらが鉄分の働きです。赤血球(酸素を体内へ運んでくれる役割)を作る材料であることがわかります。もう一方の葉酸は、赤血球を生成する際のサポートをしてくれるという役割があるのです。鉄分だけの力ではなく、葉酸の力も借りることでより赤血球を生成しやすくなるというメリットがあるのです。

 

葉酸と鉄分の違いを知りましょう。

葉酸についても詳しくご説明します。
・水溶性ビタミンであり、ビタミンBの一種です。
・葉酸は赤血球を作るサポートをしてくれます。
・葉酸が多く含まれているのは、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜。
・葉酸が不足してしまうと血液が生成されなくなる為、悪性貧血になってしまうこともあるでしょう。
・妊娠中の女性が葉酸を摂取することで胎児の先天的な病気や障害を予防することができますし、神経管閉鎖障害のリスクを軽減することができます。
・熱処理によって効果が減少してしまいます。
・動脈予防効果があります。
鉄分は赤血球を作る材料であると言いましたが、葉酸はその生成をサポートしてくれる成分であることがわかりました。同じような効果でも違いがあるのです。その事を踏まえて、貧血予防をする場合にはどちらの成分も必要であり、同時に摂取することが大切です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.