妊娠している人などの葉酸の効果的な摂取方法と適切な摂取量 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠している人などの葉酸の効果的な摂取方法と適切な摂取量

妊娠している人などの葉酸の効果的な摂取方法と適切な摂取量

妊娠しているときに必要な葉酸の摂取量

厚生労働省は、不妊治療をしている人だけでなく、妊娠中の人にもお腹の中の赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症する確率を抑えて健康な赤ちゃんを授かるために葉酸を摂取することを呼びかけはじめています。
毎日の葉酸の摂取量の基準値は、一日あたりおよそ0.4ミリグラムとされています。妊娠する一ヶ月前から妊娠して三ヶ月までの期間は特に一日あたり0.4ミリグラムの葉酸を食事以外の摂取方法で摂取することが厚生労働省により推奨されています。
食事以外の摂取方法とは、葉酸が配合されているサプリメントから補給する摂取方法になります。
また、注意する必要がある摂取方法は葉酸の適している摂取量を超えた過剰な摂取量による摂取方法になります。葉酸は一日あたりの摂取量が1.0ミリグラムを超えないように摂取する必要があります。

 

サプリメントから摂取する

妊娠してから三ヶ月以降に必要となる摂取量は、胎児の神経の細胞分裂が落ち着いてくるため少しずつ減っていくことになります。不妊治療をしている人や妊娠している人は健康な体調をキープするようにする必要があるため、葉酸だけではなく他の栄養素のバランスがとれている食事をする必要があります。また、妊娠している最中はお酒や喫煙を差し控える必要があります。
そして、厚生労働省は葉酸の摂取方法を食品からよりも、栄養補助食品やサプリメントからで推奨しています。理由としては、葉酸の、身体に吸収されにくく、加熱によって調理段階で分解されてしまう性質があるためです。葉酸が豊富に含まれている食材を、たくさん食べたとしても調理しているうちに葉酸が分解されてしまうため基準値の摂取量に達することができません。

 

サプリメントで摂取するメリット

不妊の治療を受けている人や、妊娠している人は、つわりの症状が酷過ぎて、充分な量の食事が食べられないことが考えられます。食べ物だけで葉酸を摂取しようとすると結果的に足りなくなり、生まれてくる赤ちゃんが神経管障害を発症してしまう確率が高くなってしまうため、確実に必要な量を摂取することができるサプリメントによる摂取方法が推進されています。
葉酸が配合されているサプリメントは初めから身体の中に消化、吸収がされやすい状態に変換されています。そのため葉酸が配合されているサプリメントは、およそ八割から九割ぐらいが身体の中で効果的に作用するとされています。
そして、葉酸が配合されているサプリメントには、葉酸の他に妊娠しているときに必要となるミネラルやビタミンが配合されているものもたくさんあります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.