葉酸は妊娠時に必要な栄養素なので効率的な摂取方法を守る | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は妊娠時に必要な栄養素なので効率的な摂取方法を守る

葉酸は妊娠時に必要な栄養素なので効率的な摂取方法を守る

葉酸は妊娠初期に必要

葉酸は妊娠初期に必要な栄養素と言われていますが、妊娠前から摂取しておくのがおすすめです。この栄養素を効率的に摂取したいという場合、その効果やおすすめの摂取方法を知っておくと良いでしょう。葉酸は妊娠前に摂取することで赤血球を作ってくれる効果があります。不足すると悪性貧血を引き起こすことがあるのでしっかり摂取することがポイントです。また、細胞の再生を促すことで免疫機能や消化機能を効率的にサポートすることができます。また、効率的に高血圧や心臓疾患を予防する効果もありますし、動脈硬化を防ぐこともできるのです。月経前になると腹痛や頭痛などの症状が辛いという女性も多いでしょう。これは主に女性ホルモンが関係していると言われていますが、葉酸にはホルモンバランスを整える効果があるため、効率的に気になる症状を緩和することができるのです。

 

葉酸で得られる効果とは

妊娠初期に葉酸を摂取することで着床しやすい環境に整えることができます。また、胎児の発育をサポートする効果もありますし、胎児の先天異常を予防する効果もあるため、妊娠中は効率的に摂取することが大切です。赤ちゃんは授乳期にも活発に細胞分裂を繰り返しており、母親が葉酸をしっかり摂取することで赤ちゃんにも母乳から栄養が届くということです。この時期に葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんの発育が遅れてしまうこともあるため、効率的な摂取方法を知っておくと良いでしょう。通常時に1日に摂取したい葉酸の量は240μgですが、妊娠時では480μgの摂取が推奨されています。胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らしたいという場合、妊娠の1ヶ月前から葉酸の摂取を始めていくことが大切です。

 

葉酸の効率的な摂取方法

葉酸の効率的な摂取方法は何かということですが、食べ物に含まれている葉酸は熱や水に弱いため、調理せずに生のまま食べられるものを選ぶことがポイントです。また、茹で汁に栄養素が溶け出すのでスープを作って全て飲むようにするという摂取方法もあります。しっかり摂取したい場合は水を使わないで電子レンジ加熱したり、水洗いしてから切るようにするなどの工夫が大切です。サプリメントの場合は1日に必要な量の葉酸を考慮して作られている商品が多いため、手軽に葉酸を摂取することができます。しかし、摂取方法を間違えると副作用が出てしまうこともあるため、正しい方法で摂取するようにしましょう。1日の摂取上限は20代で900μg、30代が1000μgとされており、葉酸を過剰摂取すると過敏症などを起こすことがあるので注意が必要です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.