葉酸サプリメントを摂る場合の摂取方法の注意点について | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸サプリメントを摂る場合の摂取方法の注意点について

葉酸サプリメントを摂る場合の摂取方法の注意点について

葉酸の摂取方法について

葉酸は、細胞分裂やDNA合成などに重要な働きを持つ成分です。そのため、特に妊娠期には赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減させるためにも厚生労働省でも葉酸を摂るよう推奨されているのです。
葉酸を含む食品はさまざまあり、レバーやほうれん草・枝豆・ヨモギ・納豆などに特に多く含まれています。普段から栄養バランスの良い食生活を送っている方の場合、十分葉酸が摂れているから摂取方法など考えなくても不足はしていないのではと思ってしまいがちですが、実は葉酸には熱や水に弱いという性質があり、お料理をしている段階でその多くが破壊されてしまうのです。また吸収率も悪く、食べた量の50パーセント程度しか吸収されていません。
厚生労働省の推奨量を満たすには効率が良いのはやはり葉酸サプリです。

 

葉酸を摂るタイミングのおすすめは

毎日葉酸を食事からのみ摂取しようとすると大変です。サプリメントであれば毎日続けやすく、体内への吸収率も高いため摂取方法としておすすめなのです。
妊娠中の女性向けの葉酸サプリメント商品も多く売られており、葉酸以外にも妊婦に必要な栄養成分が配合されていたりしておすすめです。サプリメントの場合、毎日続けることが大切なのであまりお値段が高すぎないもの、かといって安すぎる商品を選ぶのも赤ちゃんと母体のために危険なのでほどほどお値段のものを選ぶのが注意点です。
サプリメントには薬のように飲むタイミングというのは決まっていません。ただ、その効果を効率よく取り入れたいのであれば食後すぐがおすすめです。できれば、妊活中から始めて、赤ちゃんの成長のリスクを下げ、授乳期にも栄養価の高い母乳を作るためにも摂取を続けましょう。

 

葉酸の副作用などの注意点について

葉酸の摂取方法で気になるのが副作用などの注意点でしょうが、現在のところは過剰摂取による疾患は認められていません。葉酸は水溶性ビタミンのため過剰分は尿の中に排出されるのです。それよりも葉酸不足による影響の方が心配です。妊娠初期の先天性疾患のリスクや授乳期の赤ちゃんの発育の遅れに繋がります。
摂取方法でわざと過剰に摂るのはやめておいた方がよいですが、不足させないように推奨量を摂ることを心がけましょう。それが摂取方法の一番の注意点です。
注意点を守り、サプリメントを補うと共に、普段の食生活も葉酸を多く取り入れた健康的な献立を心がけるようにしましょう。妊娠期は特に多く必要ですが、それ以外の時期も食生活が乱れて不足すると生活習慣病や免疫機能の減衰・消化管機能の異常などを招きます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.