葉酸は妊娠中の女性に欠かせない栄養素で摂取量も大切 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 葉酸は妊娠中の女性に欠かせない栄養素で摂取量も大切

葉酸は妊娠中の女性に欠かせない栄養素で摂取量も大切

葉酸の摂取量について

葉酸には生まれてくる赤ちゃんの神経管閉鎖障害の発症リスクを減らす効果が期待できます。青汁にも含まれているのですが、商品によって含有量が大きく異なっています。妊娠中の女性にはどのくらい葉酸が必要なのか、その摂取量の目安を知っておくと良いでしょう。また、1日の摂取量だけでなく普段の食生活でどのくらい不足しているのかについても知っておくことが大切です。厚生労働省が推奨している葉酸の摂取量は妊娠していない女性の場合、1日当たり240ugとなっています。妊娠している女性の場合は摂取量の目安が440ugとされています。また、妊娠前1ヶ月~妊娠初期の3ヶ月まではさらに多くの葉酸が必要になります。妊娠していない時よりも400ug多く葉酸を摂取する必要があるため、1日に640ug摂取するようにしましょう。

 

葉酸の摂取方法について

妊娠初期は1日に640ugが必要と言われてもよく分からないかもしれません。もちろん葉酸は普段の食事からも摂取することができますし、全く摂取できていないわけではないのです。ちなみに、20代~30代の女性は1日に200ug程度しか葉酸を摂取していません。妊娠を希望していない場合や妊娠していない場合はあまり問題ないのですが、妊娠中に必要な摂取量よりもかなり少ないことが分かるでしょう。妊娠初期は約400ug、妊娠中期~後期は約200ugが不足しているため、サプリメントなどで補っていくことが大切です。葉酸は納豆や枝豆、ほうれん草、ブロッコリー、オクラ、卵、海苔などに多く含まれています。しかし、このような食材ばかり毎日たくさん摂取することは難しいでしょう。

 

葉酸を摂取するためには

葉酸は納豆から摂取することができますし、食事にプラスしやすい海苔にも多く含まれています。野菜の中には葉酸の多いものがいろいろありますが、果物ではイチゴ以外あまり多く含まれていません。妊娠中に不足しやすい葉酸を補うためにはバランスの取れた食生活を送っていくことが大切です。食事だけでもそれなりに補っていくことはできますが、かなりの量を摂取していく必要がありますし、カロリーオーバーが気になってしまうかもしれません。妊婦にとって体重が増えすぎるのは良くありませんし、カロリーのことが気になるならサプリメントや青汁などを活用すると良いでしょう。特に青汁には葉酸以外の栄養素も含まれていますし、野菜不足が気になっている女性にもおすすめです。人気の青汁を調べてみると良いでしょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.