妊娠初期症状と超初期症状の違いについて | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠初期症状と超初期症状の違いについて

妊娠初期症状と超初期症状の違いについて

妊娠時の初期と超初期の違い

妊娠すると、女性の体は大きな変化が起こっていきます。まずはホルモンバランスが大きく乱れていくので、体調が不調になったり、いつもと違う感じがするといった違和感を感じることが多いです。まず、妊娠をすると、最終生理日から妊娠の週数のカウントが始まります。妊娠0週というのが、最終生理の始まった週のことを意味します。妊娠2週というのが、平均的な排卵日となります。卵子の寿命は24時間と言われているので、この排卵日に受精をしていないと妊娠しないということになります。またこのときに排卵出血という、排卵による出血が起こる人もいます。妊娠3週というのが、着床を意味します。ここではじめて妊娠したということになります。また着床時にも、少量の出血を伴う人もいるので、敏感な人の場合には着床に気が付く場合もあります。そして翌週の4週は、通常であれば生理予定日となります。この生理がこないことで、妊娠に気が付いて検査を行う人も多いでしょう。病院のエコー検査で確認できるのは6週目以降となるので、生理が来なかった場合には2週間程度期間をあけてから診察に行ったほうが良いでしょう。このエコーで確認が出来るまでの期間を超初期と言い、病院の検査でも確認できないレベルの胎児ですが、女性の体の変化を自然と感じることが出来る時期です。初期とは、6週目以降のことを指しています。エコーで確認が取れるようになるので、検診が必要になってきます。

 

妊娠初期症状について

妊娠初期症状とは、6週目以降に現れてくる症状のことです。初期症状の代表的なものとしては、つわりがあります。常に船酔いや二日酔いをしているような状態で、吐き気があり体がだるい感じになっています。微熱が続いていたりすることもあるので、風邪の初期症状だと勘違いしてしまう場合もあります。他にも眠気が強く、日中でも眠ってしまうということもあります。中には、おっぱいが張ってくるという症状が出る人もいます。初期症状の出方や出るタイミングについては、個人差が大きくあり、中には何も感じない人もいます。特につわりの重さは人それぞれです。何をしていても気持ちが悪く、吐いてしまう人もいれば、何かを食べていないと気持ち悪くなってしまう食べづわりタイプの人もいます。つわりが全くなく、通常通りの生活を送れているという人もいます。症状の出方や、重さには個人差が大きくありますが、一般的にはつわりなどによって赤ちゃんの成長が止まってしまうということはないと言われています。しかし、あまりにもつわりの症状が重く、起き上がることも出来ない、何も口にすることが出来ないなどという場合には、お母さん側の体に危険が生じてしまいます。あまりにもつわりが重い場合には、入院などの処置がとられることもあります。無理をせずに、辛いときには医師に相談してみると良いでしょう。つわりがあるのは、赤ちゃんが成長している印でもあります。

 

妊娠超初期症状について

妊娠初期症状は、つわりや眠気、おっぱいのハリなど一般的な症状なので気が付きやすいものですが、まだ病院のエコーでも妊娠の確認が取れない、超初期に体の変化を感じるのが、妊娠超初期症状です。超初期症状を感じる人は少なく、ほとんどの人が気が付かないうちにその期間を過ぎてしまうものです。超初期症状の中でも代表的なものが、眠気です。排卵日を過ぎた頃から、眠気が強くなり昼寝をしないと一日を過ごせないという人もいます。他にも、微熱が出ていて体がほてっているという感じがしたり、だるさがあるという人もいます。おっぱいのハリを感じる人もいます。通常のバストサイズよりも急激に大きくなり、カップ数がアップしたり、バストのハリで痛みを感じることもあります。初期症状と似たような部分もありますが、超初期症状は着床してすぐに起こる症状なので、気が付かなかったり、妊娠を意識していないことが多いです。この症状の原因には、ホルモンバランスの乱れが考えられます。妊娠をすることで、女性のホルモンバランスは通常時とは大きく変わってきます。まだ本人が気が付かないときから、体の中ではお母さんになっていく準備が行われています。眠気が強かったり、体がだるいと感じたら、無理をせずに横になって休むことも大切です。この時期に味覚の変化なども起こることがありますが、徐々に戻っていくので心配はありません。薬などを服用しないように注意しましょう。

 

初期症状と超初期症状の違い

妊娠初期症状と、超初期症状は非常に似ている部分が多いものです。眠気が強くなったり、おっぱいが張ってきたり、微熱が出るなどの症状は本当によく似ています。また、つわりに関しては、超初期から出てくる人もいます。中には、つわりの症状で妊娠に気が付いたという人もいます。他にもイライラしてしまったり、好きなものが食べたくなくなったり、味覚の変化が起こるなどの症状もあります。人によっては着床時から、軽い下腹部痛を伴う人もいます。妊娠初期症状と超初期症状の違いはほとんどありませんが、生理前の症状との見分けをきちんとつけることが大切です。吐き気や微熱が続いていると、風邪の症状と見分けがつかずに市販薬を服用してしまうということもあります。また下腹部痛が強いと、生理前症状だと思い鎮痛剤を服用してしまうということも多いです。市販薬からの胎児への影響は少ないとされていはいますが、妊娠中の薬の服用は出来る限り避けたほうが良いです。妊娠の可能性がある場合には、体調に不安を感じたり、不調を感じた場合には、市販薬を服用するのではなく、妊娠の可能性もあることを視野に入れながら、専門医に診察してもらったほうが良いでしょう。病院では妊娠中や授乳中でも服用出来る薬があります。正しい処方を受けて、赤ちゃんにも負担がないような治療を行うようにしましょう。また、妊娠中は免疫力が下がってしまうので、体調管理には十分注意しましょう。

 

無理をしないことが大切

妊娠をすると、普段の体調とは違い、常に気持ち悪かったり、体がだるくて重く感じたり、眠気が強くなったりと、自分で自分の体がコントロールできなくなってしまうことがあります。特に妊娠初期には、いままでの自分の体調との違いに慣れないことも多いので、より不調を強く感じやすいものです。妊娠中の体の変化は、赤ちゃんを成長させている印でもあります。つわりが辛い時期でも、つわりがあるというのは赤ちゃんが元気に成長している証拠です。お母さんは辛い日々が続いて苦しく感じますが、赤ちゃんも頑張って成長していることを意識して、無理をせずに乗り切っていきましょう。妊娠初期はとても大切な時期でもあります。無理をしてしまうとトラブルが起こることもあるので、十分に注意していきたいものです。まだまだ赤ちゃんは卵に近い状態で、ストレスや衝撃に非常に弱いものです。仕事をしている人や日々ストレスを強く感じていると、赤ちゃんにもストレスが伝わってしまい、成長の妨げとなってしまいます。また腹部を強くってしまったりすると、赤ちゃんへのダメージも大きくなってしまうので、妊娠の兆候を感じたら、ヒールなどの安定性の悪い靴は極力避け、転んだりしないように注意しましょう。また体調が辛いと感じた時には、休めるような環境作りも大切です。最近では妊娠中に医師の診断書があると休暇を取ることが出来るようになっています。無理をせずにすごしましょう。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.