妊娠初期症状と超初期症状の特徴を知る | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠初期症状と超初期症状の特徴を知る

妊娠初期症状と超初期症状の特徴を知る

体の微妙な変化に気づくことが大切

世の中には、結婚をして経済的にも気持ちにも余裕が出て来くるとそろそろ赤ちゃんが欲しいと願い妊活を始める人が多くいます。女性の結婚年齢が上がった今、出産する年齢も上がっているのが現状です。そのため、結婚してすぐに妊活を始める人も少なくありません。食生活の改善や、軽い運動を取り入れるのとにより生活改善の努力を経て妊娠する人もいれば、結婚や出産にまだ興味が持てない人がある日突然妊娠したというケースもあります。どんな人も、お腹に新しい命が宿ったことにより心も体も少なからず変化していくのに違いはありません。特に、生理予定日前から妊娠超初期症状が出始める人もいます。この初期症状は、妊娠を望んで妊活をして来た人は特に、排卵日から生理予定日まで期待と不安を持ちながらそのことを考えているため、自分の体の変化にすぐに気づきやすいのが特徴です。反対に、妊娠を全く意識せずに生活している人は、自分の小さな体の変化にも気づきにくいです。そのため、妊娠超初期症状によくみられる微熱や、全身の倦怠感など風邪によく似た症状が出た場合、風邪と勘違いして市販の薬や病院で処方された薬を飲んでしまいがちになります。妊娠を意識していない人には特に多いケースです。しかし、薬の内容によってはお腹にいる赤ちゃんに大きく影響を及ぼす恐れがあるものもあります。また、赤ちゃんの神経器官を作っている時期に薬を飲むことは赤ちゃんに影響を及ぼしやすいので気をつけなければなりません。

 

フライング検査に頼りすぎないこと

妊活を経て赤ちゃんを心待ちにしている人は特に、排卵日から生理予定日後までの体の変化に敏感になりやすいです。そのため、少しの体の変化でも妊娠しているのではないかと初期症状と勘違いしてしまい、待ち望んでいるゆえに想像妊娠をしてしまうというケースがあります。妊活している場合は考えすぎてしまいますが、あまり気にしすぎずリラックスした毎日を過ごす努力も必要です。また、妊娠検査薬にも色々種類がありますが、通常市販で売られている一般的な妊娠検査薬には生理予定日一週間後から使用出来るものがあります。しかし、妊娠超初期症状に当てはまる症状が出たと感じた人は、待ちきれず生理予定日から一週間前などで妊娠検査薬を使ってしまう人がいます。フライング検査で早く結果を知っても、正確な判定が出るわけではない場合が多いので二度手間になることがあります。本当に妊娠していた場合は、うっすら陽性反応が出る場合もありますが、正しい結果が出ない可能性の方が高いためフライング検査はおすすめできません。反対に陰性反応が出ても、後日生理予定日後にまた妊娠検査薬を使ったら妊娠していたということもあります。いづれにせよ、正しい結果が出る正しい時期に検査することが大切です。そうすることで、精神的にも体力的にも疲れず、無駄な出費も抑えられることが出来ます。妊娠すると排卵日から一週間後あたりから妊娠超初期症状が現れるので生理予定日後まではその症状が出た場合は出来るだけ安静にゆっくりとした日々を過ごすことをおすすめします。

 

妊娠超初期症状とは何か

 

妊娠超初期初期症状には、色々な症状が見られます。人によって全く初期症状が出なかったという人ももちろんいますが、ほとんどの人が何かしら体の変化に気づくのが特徴です。まず、一般的に妊娠超初期症状と呼ばれる時期は、前回の生理開始日から32日間の間に起こるものです。週数でいえば、0〜4週目あたりを示します。そして、3〜5週頃に現れる症状を妊娠兆候または、妊娠初期症状と言われています。妊娠超初期症状が出る時期の特徴は、生理予定日前に起こることです。妊娠検査薬が使えない時期から母体に変化が出始めます。排卵日予定日から、一週間後あたりで突然少量の出血がある人もいます。これを着床出血といいます。生理と勘違いしてしまう人もいますが、生理のように量が多いわけではなく、おりものに茶色や赤の血が少しだけ混ざってたなど、ごく少量なことも特徴の一つです。また、おりものにも変化があります。通常生理前になるとべたっとした白いおりものに変化していくものですが、妊娠していると生理予定日前に水っぽいサラサラとしたおりものが出るのも特徴です。また、人によってはおりものの匂いがいつもと違い、ツンと鼻に付くきつい匂いに変化する場合もあります。排卵日付近に、性行為を行なった覚えがある場合は、このような微妙な体の変化に気づいた際は、出来るだけお酒などのアルコール飲料やカフェイン、風邪薬などの取り過ぎに注意することが大切です。

 

妊娠超初期症状でみられること

妊娠超初期症状には、着床出血やおりものの変化の他にも様々な症状があります。頭痛や微熱、倦怠感など風邪に似た症状があります。風邪と間違えやすいため、排卵日予定日付近で性行為を行なっていた場合は出来るだけ強い薬は控えることをおすすめします。またその他には、強い眠気があるのも特徴です。普段通りの睡眠時間でも、やけに眠くなったり何度もあくびが出るということがあります。時間のあるときは、無理せず横になって身体を休めるようにすると良いです。また、腰痛や下半身の痛みも見られることがあります。これは、リラキシンというホルモンの影響です。リラキシンには、骨盤の関節を緩める働きがあります。それによって、赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくなります。しかし、その結果緩んだ関節を筋肉が支えようと緊張してしまい腰痛や下半身の痛みの原因になります。また、下腹部痛はチクチクのした痛みが特徴です。生理前の場合は、子宮がぎゅーっと収縮するような痛みを伴いますが妊娠していた場合は、初期症状として外側にむかって子宮が広がるような痛みになります。子宮が大きくなっていく過程での痛みです。また、お米の炊ける匂いで吐き気を伴ったり、特定の匂いに敏感になる人もいます。普段好きで食べていたものなのに、急に食べたくないと感じたり、反対に普段あまり食べない食べ物を急に食べたくなったりと嗜好の変化が見られることがあります。

 

妊娠で最も多いつわりの症状

生理前には、よく胸の張りを感じる人がいますが、妊娠超初期症状でもこの変化が見られる人がいます。生理前の胸の張りに加えて、乳首痛がみられることもあります。また、トイレが近くなり頻尿になったり残尿感があることもあります。また、普段便秘の人が下痢気味になったり快便の人が、便秘になったり普段とは違う様々な変化がみられます。妊娠して、体に変化が出始めることで特に悩まされるのがつわりです。早い人は、妊娠検査薬を使える期間より前の生理予定日前から妊娠超初期症状として現れます。初期症状の中でも最も変化に気づきやすいです。つわりにも種類があって、食べていないと気持ち悪い食べつわりや、常に吐き気を伴ってひどい時には1日に何回も吐き戻しをしてしまう吐きつわりがあります。また、自律神経の乱れも伴い唾液があふれてきて自分の唾液で気持ち悪くなる唾液つわりがあります。いづれも、人によっては週数によってすべて経験した人もいれば、出産当日までまったくそのような症状はなかったという人もいて様々です。しかし、つわりがある人は赤ちゃんの成長を喜ぶ暇もなく苦しい日々を過ごす人も少なくありません。つわりは、赤ちゃんがすくすく成長している証です。つわりがあることにより、もっと身体を休めようかなと身体を気遣うことができるため切迫流産などのトラブルを防ぐことが出来るのも事実です。つわりの始まりからピークは、だいたい2ヶ月から4ヶ月ですが人によっては出産する直前までつわりがある人もいます。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.