妊娠が切っ掛けとなって現れる複数の初期症状の種類と原因 | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠が切っ掛けとなって現れる複数の初期症状の種類と原因

妊娠が切っ掛けとなって現れる複数の初期症状の種類と原因

妊娠の初期症状は種類と原因が沢山

 

女性の体は、男性に比べるととても繊細ですし、妊娠は大きな変化を引き起こすので、少なくない初期症状を自覚することがあります。お腹の痛みは定番ですが、特に下腹部は妊娠を切っ掛けに痛みやすく、不快感が高まってイライラに発展します。また、腰にも重く痛む症状が現れますから、妊娠を経験することのない男性にとって、その痛みは想像以上だと考えられるでしょう。妊娠の初期症状の種類としては、他にも出血であったり、意外なものにお腹と距離がある胸の痛みも挙げられます。出血は妊娠の初期症状で、生理の3日前までに起こりやすく、初めて経験する人は驚く原因となります。これらの原因の殆どは、妊娠によって変化する、ホルモンバランスの変化にあると考えることが可能です。妊娠にホルモンが関わっている以上、初期症状を避けることは難しく、痛みに耐えるのが一般的とされる対処法です。勿論、初期症状は避けられなくても、軽減することは可能ですし、種類に合わせて対応することが出来ます。妊娠の初期症状は、決してお腹や腰回りに限らず、精神的な症状や内臓の不調となって現れます。幸いなことに、妊娠が原因の初期症状は判明しているので、どれだけの種類があるか、事前に知って備えることが出来ます。心構えがあるだけでも、妊娠を控える女性の気持ちは大きく変わりますから、当面は妊娠の予定がない人を含めて、種類と原因を理解しておくことをおすすめします。

 

妊娠が原因となる初期症状の種類

 

胸の痛みやハリは、女性ホルモンの増加が原因で、妊娠を切っ掛けにお腹の痛みと一緒に発生します。初期症状としては一般的ですが、初めてだと不安になるものなので、妊娠によって起こる可能性と、原因について知っておくことが必要です。妊娠で発生する痛みには、腰痛や頭痛、そして胃の不快感も加わります。妊娠を経験した人は、顔の吹き出物や体の怠さ、更には情緒不安定を覚える人も少なくありません。初期症状にはこれだけの種類があるので、妊娠はいかに体に対する影響が大きく、様々な問題を引き起こすか分かるでしょう。体の怠さには眠気が加わることもありますから、妊娠初期の自転車や車の運転は、控えたり注意して行う必要があります。情緒不安定は、妊娠につきものの症状ですが、パートナーにとってはどう対処して良いか悩む問題になります。妊娠は小さな赤ちゃんを守る為に、夫婦が協力し合う試練となりますから、お互いが妊娠を理解して歩み寄ることがポイントです。一方、妊娠初期症状では、嗅覚や味覚の変化に伴う好みの変化も意外な特徴です。妊娠すると好む食べ物が変わる、これは女性の間では必ずしも珍しくない話で、女性によっては人が変わったように変化することもあります。ホルモンは、水分バランスも変えてしまうことがあるので、鼻水や唾液の量が増えたり、下痢気味になってお腹が下っても不思議ではありません。このような症状の数々は、妊娠と関連付けて考えられますし、初期の期間を過ぎると落ち着きます。

 

症状の種類別に知る初期症状の原因

 

生理前に起こる着床出血は、受精卵が子宮内に留まり、絨毛が生えて子宮内膜を傷付けるのが原因です。人によっては、殆ど出血しないこともありますし、出血しても鮮血だけではなく、茶色やピンクといった個人差があります。胸の痛みは、妊娠を契機に急激に増える女性ホルモンが引き起こします。痛みと共にハリも感じられれば、ほぼ間違いなく妊娠が原因で、やがて落ち着くと判断することが出来ます。お腹の痛みや不調は、着床した時に起こる変化により、主に下腹部を中心に発生します。痛みの特徴は、締め付ける感じや刺すような感覚と捉えられますし、全く何も感じない人もいるので、こちらも個人差があるといえます。腰痛の原因には、関節に隙間を作り余裕を持たせる為に分泌される、卵巣ホルモンの一種が該当します。女性が出産するには、骨盤を広げる必要がありますから、妊娠によって腰に痛みが生じるのはある意味で必然です。頭痛は血管の拡張作用が引き金で、症状が悪化すると吐き気を催す場合もあります。肌のトラブルは、皮脂の分泌を促すホルモンの増加が原因で、吹き出物や顔のベタ付きに繋がります。嗅覚と味覚を始めとする五感の変化は、起こる部分と程度に個人差があって、その要因はハッキリと判明していません。一説には、赤ちゃんを外敵から守る為に、体の感覚が敏感になるという考え方が存在します。眠気や体の怠さは、逆に母体や赤ちゃんを守ったり、休息を促す為に発生していると考えられます。いずれの症状の種類にも、ホルモンの分泌や量の変化が関わっていますし、複数の種類の発症を同時に実感することもあるでしょう。

 

初期症状が出た場合の対処方法

 

妊娠で起こる症状の種類は多く、全てに効果的な対処を行うのは難しいものの、一つずつ種類別に改善を努力することは出来ます。お腹の痛みや下痢等には、入浴や半身浴等で、少しずつジンワリと温めるのが有効です。体が冷えると、痛みの症状は強まる傾向にありますから、冷房が効いていたり、寒い場所を避けることも大切な要点です。冬の外出時は、普段より多めに重ね着をして冷えを避けるのも、妊娠の痛みを乗り越えるコツとなります。それでも痛みが治まらない時は、腹巻きとカイロを組み合わせて、二重三重に冷え対策を加えるのも効果的です。血管が拡張することで起こる頭痛は、血流が良くなる食事を避けたり控えることで軽減します。胃の不快感が続く場合は、消化が良い物を重視して、簡単に作れる食事を考えることが役立ちます。風邪でもない鼻水の増加は不快ですが、水分の摂取を控えても解決しませんし、脱水症状のリスクを高めるので、飲み物は控え過ぎない方が良いでしょう。ただし、冷たい飲み物は体を冷やすので、なるべく温かく少しずつ飲める物が理想的です。腰の痛みや頻尿は、骨盤の開きと子宮の収縮によって起こります。前者は体を横にして、楽な姿勢を見付けると痛みが軽くなり得ます。後者も同様に、下半身を圧迫しない姿勢を保つことで、頻繁に発生する症状の原因が抑えられます。妊娠症状の対処は、体を温めて楽な姿勢を取る、それにイライラすることは無理に我慢しない、これも上手く乗り切る為のヒントです。

 

初期症状には個人差と対処方法があります

 

精神的な変化や体の痛みが生じたら、それは体が妊娠に備え始めていることが原因で、時間の変化と共に静まります。しかし、症状の発生に個人差はありますが、痛みの程度によっては耐え難く、イライラが爆発して周囲に当たり散らしてしまうこともあるでしょう。痛みを耐え抜いて、静かに乗り越えたい場合は、症状の種類を特定してから対応することが重要です。痛い時には、気持ちを声に出しても良いので、我慢せず周りの人に訴え掛けて、共感を得るようにするのが基本です。周囲に妊娠の理解があれば、体を温める重要性であったり、体調や精神的な変化は必然的なものだと分かります。理解が得られれば、共感だけでなくサポートも受けやすくなるので、妊娠前に前もって話し合い、知識を深めておくことも不可欠です。こういった準備を行っておくと、妊娠の痛みは赤ちゃんが生まれる為の試練だと思えたり、親子が対面するまでのカウントダウンと捉えられるようになります。体は温めるのが常識で、冷やす要因を一つずつ取り除く注意も欠かせません。ゆったりとした妊婦の服装は、体を曲線で隙間なく覆うことが出来るので、実は非常に理に適っています。動きやすさも兼ね備えていますから、赤ちゃんを思って過ごしやすい服装を選ぶことも、快適性の実現や対処方法の効果に結び付きます。薬の服用は、赤ちゃんに影響を与えるリスクとなるので、出来るだけ頼らない方が安全です。対処を複数の方法で組み合わせ、それでも痛みが軽減しない時は、医者に相談して判断を仰ぐことになります。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.