妊娠初期にはいろいろなことが原因で腹痛を感じるが危険なものもある | 注目の葉酸サプリを一挙比較

葉酸効果で、もっといきいき
> 葉酸関連記事 > 妊娠初期にはいろいろなことが原因で腹痛を感じるが危険なものもある

妊娠初期にはいろいろなことが原因で腹痛を感じるが危険なものもある

妊娠してからの腹痛には2種類ある

妊娠すると体がそれまでとは違うのでとても敏感になってしまいます。おなかが張ったり、重く感じることもありますが、何よりも気をつけたいのが腹痛です。妊娠初期に腹痛を感じることは珍しいことではありませんが、流産を知らせる場合にも腹痛を感じることも多くあります。なので、妊娠中の腹痛は特に敏感になってしまう人が多いといいます。妊娠初期に見られる腹痛は、子宮が大きくなろうとするために感じるものの場合もあります。着床した胎芽を育てるのに必要な過程なので特に心配する必要はないといえます。この痛みは血流の量や筋肉の増加、子宮の伸びなどいろいろな体の変化が現れている症状なので、人によって感じ方も違います。また、妊娠初期である妊娠12週までは流産が発生しやすい時期です。なので、もし腹痛がつらい場合は安易に考えず、疑うことも大切です。妊娠初期に起こる流産の原因には胎児側の染色体異常が原因だといわれています。決してお母さん側に責任があるものではないです。妊娠初期に流産を発症する確率10パーセントから15パーセントと高いので、用心するに越したことはないです。お腹の痛みにも、妊娠初期の心配のないもの、流産を伴うもの、便秘によるもの、下痢が原因となるものなどがあります。妊娠してから体の変化に驚くことは多くなりますが、同じ痛みでも、大丈夫なものと危険なものの違いを知っておくようにすることが大切です。

 

妊娠することで起こる痛み

妊娠中に感じるお腹の痛みは妊婦にとって、とても敏感になってしまうものです。まず、子宮が大きくなることから感じるものは先にも書きましたが、それは妊娠したことで赤ちゃんを育てるために起こる症状です。大きくなりはじめた子宮が周囲を圧迫するために生じる痛みだと考えられています。足のつけ根のあたりがつったような感覚がある、下腹部がつれるなどの症状も、子宮をささえている靱帯が急激な伸びに悲鳴をあげている状態であったり、けいれんを起こしていると考えることができます。いずれも正常な妊娠経過の痛みなので安静に過ごして様子を見ておくといいです。妊娠したばかりの頃はお腹の少しの変化にも敏感になってしまい、心配になるものです。出血を伴う痛みや激痛などの場合は、子宮外妊娠や絨毛膜下血腫といったなんらかのトラブルを疑う必要があります。これと同じような症状で、卵巣の腫れというものがあります。卵巣が腫れると聞くと不安になってしまいますが、妊娠したはじめの頃にはよくある症状です。妊娠すると胎盤を作るために必要なホルモンが卵巣から大量に分泌されます。なので、それが原因になって腫れてしまうことがあるのです。出産するとホルモンの分泌が少なくなっていくので卵巣の腫れは治まっていくので大丈夫です。この場合は、下腹部の左右がチクチクと痛むことが多いといいます。お腹のどの部分が痛むのかによって原因も異なります。もし痛みを上部に感じる場合は、胃炎の可能性もあります。

 

妊娠中に危険な痛みもある

妊娠しているときに一番怖いのは流産です。流産してしまう危険性がある腹痛について知っておくと、危険を避けることができる場合もあります。流産の腹痛の症状は、締め付けられるような痛みがある、継続して痛みがある、ずきずきと下腹部が痛む、下腹部に強い痛みを感じる、などのものです。このような痛みが続く場合、流産の疑いがあるので、すぐに医者に診察してもらうようにすることが大切です。特に腹部の痛みが少しずつ強くなるような症状が続く場合は、早めに医者の診察を受けるようにしておきます。自己判断をするのは危険です。必ず医者に診察をしてもらうようにします。特に腹痛と合わせて、出血や基礎体温の低下、つわりなど、他の妊娠初期に感じる症状がなくなった、腰痛などを伴う場合には要注意です。早めに診察することで切迫流産と判断された場合も心拍が正常で赤ちゃんの姿が確認されたときは赤ちゃんをそのまま育てることができるケースもあります。なので、必ず、大丈夫だろうなどと自己判断せずに医者に相談をするようにしておきます。流産になってしまう前に危険なお腹の痛みの症状などを知っておくことで、赤ちゃんを流産の危険から守ることができます。なので、少しの違和感でも一度医者の診察を受けておくことが大切です。妊娠12週までは特に危険なので、医者の判断をしっかりと聞いて、体を休めるときは休めて、お腹を守ることを考えるようにしておくといいです。

 

放置しておくと危険な痛みもある

妊娠初期に起こる腹痛には先にも書いたようにいくつか原因があります。子宮が大きくなろうとしている痛みはあまりにもひどい症状のとき以外はあまり気にせずともいいといわれています。流産の可能性がある腹痛の症状についてしっかりと理解しておくことも大切です。たとえば、30分から1時間ほど安静にしているのに痛みがおさまらない、痛みが少しずつ増していく、出血した、などの症状はとても危険な痛みだといえます。なので、すぐに医者に診察してもらうようにします。子宮外妊娠の可能性がある痛みもあります。子宮外妊娠とはその言葉通り、子宮以外の場所に妊娠してしまうことです。ほとんどの場合は、子宮へ行き着く前の卵管で受精し、そこで胎嚢が育ってしまっているケースです。本来胎嚢が育つ場所ではないところで大きくなろうとしているので、腹痛や出血を伴う痛みを感じることがあります。子宮以外の卵管などでは赤ちゃんは育つことはできないので、残念ながら妊娠6週ごろまでに流産を迎えることがほとんどです。子宮外妊娠を放置しておく母体によくない影響を与えることになるので、早めに病院を受診することが大切です。少しの痛みでも体が変化をしている症状として理解しておくことはとてもよいことです。また、危険を伴う腹痛もあるということをきちんと把握して、すぐに対処することで赤ちゃんを守ることができる場合もあることも理解しておくことが大事です。

 

妊娠初期のさまざまな症状を知っておく

妊娠初期は赤ちゃんが子宮に着床してゆっくりとお母さんの体にメッセージを送っている状態です。なので、いろいろな体の変化に驚いてしまうこともあります。ですが、そのようなことも赤ちゃんが育つ段階ではとても大切なことなので、きちんと理解しておくことが大切です。妊娠初期の体の変化には腹痛もあります。お腹の痛みにもいろいろなことが原因になっているものがあり、それらがなぜ起こるのかを知ることで、改善していくことができます。子宮が大きくなるために痛みを感じたり、便秘や下痢になったためにお腹に痛みを感じるなどさまざまなことが原因で体が変化をしていきますが、それらの原因を理解しておくことで、いざというときにすぐに対処することができるようになります。お母さんの体は妊娠したときからいろいろな変化をしています。体の中身も外側も、少しずつ赤ちゃんを育てるために変わっていきます。お腹の痛みは初期のころにはよく起こることがある症状です。少しの痛みなら平気だと思ってしまいますが、きちんとその症状がどのようなことが原因なのかを知っておくことで安心感があります。また、流産を伴う危険があるお腹の痛みなどもあります。その症状をもし感じることがあったら、すぐに医者に診察してもらうことが大切です。あらかじめどのような症状があるのかをしっかりと理解して、すぐに行動することができるように、もしものことも考えておくことも妊娠中は大事です。

≫葉酸サプリメントの人気ランキングはこちら

オススメ!大人気商品!
今話題の葉酸とは
葉酸関連記事
ページトップへ
Copyright©ママになるということ.jp All rights reserved.